コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリバチ(蟻蜂) アリバチ velvet ant

1件 の用語解説(アリバチ(蟻蜂)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アリバチ【アリバチ(蟻蜂) velvet ant】

膜翅目アリバチMutillidaeに属する外部捕食寄生性のハチの総称(イラスト,イラスト)。カリウドバチより原始的で,巣はつくらず寄主を刺針で麻痺させてからその体表に卵を産みつける。雄は一般に有翅だが雌は無翅。体は暗色の毛に覆われ,腹部は白色,黄色,赤色などの密な毛が横帯を形成する。体長3~30mm,通常雄のほうが大きい。世界中に分布し,とくに熱帯と亜熱帯に多い。ほとんどが膜翅目の有剣類に属するハチ類の前蛹(ぜんよう)やさなぎの体表,またはそれらの入っている繭の内面に卵を産みつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アリバチ(蟻蜂)の関連キーワード膜翅類小繭蜂癭蜂土蜂徳利蜂葉切蜂葉蜂鼈甲蜂飴蜂姫花蜂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone