コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリバチ(蟻蜂) アリバチvelvet ant

世界大百科事典 第2版の解説

アリバチ【アリバチ(蟻蜂) velvet ant】

膜翅目アリバチ科Mutillidaeに属する外部捕食寄生性のハチの総称(イラスト,イラスト)。カリウドバチより原始的で,巣はつくらず寄主を刺針で麻痺させてからその体表に卵を産みつける。雄は一般に有翅だが雌は無翅。体は暗色の毛に覆われ,腹部は白色,黄色,赤色などの密な毛が横帯を形成する。体長3~30mm,通常雄のほうが大きい。世界中に分布し,とくに熱帯と亜熱帯に多い。ほとんどが膜翅目の有剣類に属するハチ類の前蛹(ぜんよう)やさなぎの体表,またはそれらの入っている繭の内面に卵を産みつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android