コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリー・カーン アリー・カーンAli Khan, Liaquat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリー・カーン
Ali Khan, Liaquat

[生]1895.10.1. カーナル
[没]1951.10.16. ラワルピンジー
パキスタンの政治家。アラハーバード大学,オックスフォード大学卒業。 1923年ムスリム連盟に参加,36年同連盟書記長。 M.ジンナーを助け,パキスタン独立計画を推進し,国民会議派と対立したが,イスラム教徒の擁護に努力。 46年インドとパキスタンの分離独立に際してインド中間政府蔵相。 47年8月のパキスタン成立とともに初代首相兼外相,国防相に就任。 48年ジンナーの没後は名実ともにパキスタンの指導者となり,インドとの国交関係の調整に努力。 50年ムスリム連盟総裁となり,J.ネルーと会談,イギリス,アメリカを訪問。カシミール問題の解決に努めたが,51年 10月右翼に暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アリー・カーンの関連キーワードナジムッディンラルカナニザーム

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android