コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリー・ベイ ‘Alī Bey

世界大百科事典 第2版の解説

アリー・ベイ【‘Alī Bey】

1728‐73
エジプトマムルーク(奴隷軍人)出身の支配者。カフカスの生れ。エジプトの実力者イブラーヒーム・カトホダーIbrāhīm Katkhudāのマムルークとなってベイに立身。1754年のイブラーヒームの没後約20年にわたってエジプトの実質的な支配者となり,〈国の長shaykh al‐balad〉を称して貨幣をも鋳造した。オスマン帝国に対して独立を宣言してヒジャーズとシリアを征服,ロシアと直接関係を結ぼうとしたが,臣下のマムルーク,ムハンマド・ベイに裏切られて下エジプトで敗死した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アリー・ベイの関連キーワードアフマッド・シャウキーザーヒル・アルウマル総合年表(アフリカ)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android