コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカイック・スマイル アルカイック・スマイルarchaic smile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカイック・スマイル
archaic smile

ギリシアのアルカイック時代,特に前6世紀なかばの彫像にみられる口元の表情。唇の両端をわずかに上に向け,微笑のような表情を表わす。アルカイック期の彫刻ではイオニア系の彫刻に顕著である。おそらく彫像にいきいきとした人間的感情を示そうとしたことがこのような表情となったのであろう。代表例は『ペプロスコレー』 (前 530年代,アクロポリス美術館) 。同様な表現は中国や日本の初期の仏像にもみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルカイック・スマイル
あるかいっくすまいる
archaic smile

古式の微笑。古代ギリシアのアルカイック期(前7~前6世紀)の彫像に顕著な表情。唇の両端をやや上にあげて微笑の趣(おもむき)を表しているのでこのようによばれるが、これは彫像に生き生きとした感情を与えようとする芸術表現上の一つの特徴で、かならずしもすべてが微笑の感情を表現しているとは限らない。競技をする青年や瀕死(ひんし)の兵士の口元にもこのような表現がみられる。とくにイオニア系の青年像(クーロス)や婦人像(コレー)に著しいが、古典期の彫像では消え失せる。このような微笑は、西アジアやエトルリアの彫像、ならびに中国の北魏(ほくぎ)や日本の飛鳥(あすか)時代の仏像などにも認められる。[前田正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルカイック・スマイルの関連情報