コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカエオキアツス Archaeocyathus

世界大百科事典 第2版の解説

アルカエオキアツス【Archaeocyathus】

アーケオシアタス類または古杯類(こはいるい)とも呼ばれる。古生代のカンブリア紀前期から中期初頭にのみ知られる特異な海生の着生動物である。分類上これまで種々異なる部類に扱われてきていたが,最近は海綿動物門に近い位置をしめる独立した動物門Archaeocyathaとされ,動物界の中で絶滅した唯一の門と考えられている。軟体部は化石として保存されないため,未解決の問題が少なくない。骨格は炭酸カルシウムからなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アルカエオキアツスの関連キーワードアーケオシアタス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android