コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカルイク Arkalyk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカルイク
Arkalyk

カザフスタン中北部,トゥルガイ州の州都。カザフ丘陵西縁部にある新興都市で,地元のボーキサイト鉱床の開発に伴って 1956年に建設された。採掘されたボーキサイトはパブロダールのアルミニウム工場に送られる。アスタナとトボルを結ぶ幹線鉄道からエシリで分岐する支線が延びる。人口6万 4900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android