コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルギニンリン酸(アルギニン燐酸) アルギニンりんさん arginine phosphate

1件 の用語解説(アルギニンリン酸(アルギニン燐酸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルギニンりんさん【アルギニンリン酸(アルギニン燐酸) arginine phosphate】

筋肉生化学の大家マイヤーホーフO.MeyerhofとローマンK.Lohmannによって1920年代に甲殻類の筋肉から発見され,その後多くの無脊椎動物の筋肉中に見いだされている物質。脊椎動物におけるクレアチンリン酸と同様に高エネルギーリン酸エステルとして,生体内でエネルギーの貯蔵と運搬の役割を担っている。ホスファゲンの一種(高エネルギー結合)。扁形動物節足動物軟体動物,棘皮(きよくひ)動物,原索動物(ただし頭索類を除く)などにアルギニンリン酸がひろく分布し,ウニの類では個体発生に際して,初期にはアルギニンリン酸が主役を演じ,後期に移るに従ってクレアチンリン酸が登場してくることが知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルギニンリン酸(アルギニン燐酸)の関連キーワードオチョアマイヤーマイヤー百科事典マイヤーフェルスターマイヤーホーフマイアーホーフェンマイヤーホフエムデン-マイヤーホフ経路エムデン-マイヤーホフ-パルナス経路エムデン‐マイヤーホーフ‐パルナスの経路(生化学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone