コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルギニンリン酸(アルギニン燐酸) アルギニンりんさんarginine phosphate

世界大百科事典 第2版の解説

アルギニンりんさん【アルギニンリン酸(アルギニン燐酸) arginine phosphate】

筋肉生化学の大家マイヤーホーフO.MeyerhofとローマンK.Lohmannによって1920年代に甲殻類の筋肉から発見され,その後多くの無脊椎動物の筋肉中に見いだされている物質。脊椎動物におけるクレアチンリン酸と同様に高エネルギーリン酸エステルとして,生体内でエネルギーの貯蔵と運搬の役割を担っている。ホスファゲンの一種(高エネルギー結合)。扁形動物,節足動物,軟体動物,棘皮(きよくひ)動物,原索動物(ただし頭索類を除く)などにアルギニンリン酸がひろく分布し,ウニの類では個体発生に際して,初期にはアルギニンリン酸が主役を演じ,後期に移るに従ってクレアチンリン酸が登場してくることが知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android