コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルギニン・バソプレシン(読み)あるぎにんばそぷれしん

世界大百科事典内のアルギニン・バソプレシンの言及

【バソプレシン】より

…抗利尿ホルモン(ADH)とも呼ばれ,尿量を調節する作用(抗利尿作用)をもつ脳下垂体後葉ホルモンの一つ。オキシトシンと同様,9個のアミノ酸からなる環状ペプチドで,ヒトをはじめ大部分の哺乳類では8番目のアミノ酸がアルギニンでアルギニン・バソプレシンといい,ブタなどではリジンでリジン・バソプレシンという。脳の視床下部の神経細胞で合成されたバソプレシンは,神経繊維を通って脳下垂体後葉に運ばれて貯蔵され,血液の浸透圧のわずかな変化や血液量の減少などの刺激に応じて,血液中に分泌される。…

※「アルギニン・バソプレシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android