コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルクタイ(阿魯台) アルクタイAruktai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルクタイ(阿魯台)
アルクタイ
Aruktai

[生]?
[没]1434
モンゴルの首領。北元の太保,知枢密院事であった。 1408年チンギス・ハンの後裔でないカガンの鬼力赤 (きりょくせき) に代えてチムールの王庭から帰ってきたプニヤシュリー・ハン (→オルジェイ・テムル ) を迎立したが,10年明の成祖の親征にあってプニヤシュリーはオイラート (瓦剌) へ逃れ,アルクタイはウリヤンハン三衛に避難し,やがて明に服した。オイラートがプニヤシュリーを殺してダルバク・ハンを立てると,13年アルクタイは明から和寧王に封じられ,14年に明の成祖によりオイラートが打撃を受けると,アルクタイもみずからオイラートを破り,強大になった。そのため 22~24年の間に3回にわたり明の攻撃を受けた。 31年オイラートのトゴン (脱歓) に敗れて勢力が衰え,ついに 34年黄河畔でトゴンに殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルクタイ(阿魯台)の関連キーワード永享条約ビータウタスウワディスワフ2世ヤギェウォブルネレスキブルネレスキヤギェウォ朝新書ブーム経済同友会足利成氏足利義勝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android