アルクマイオン(読み)あるくまいおん(英語表記)Alkmain

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルクマイオン(ギリシア神話)
あるくまいおん
Alkmain

ギリシア神話の英雄。アルゴスの預言者アンフィアラオスとエリフィレの子。彼は父アンフィアラオスの命令でエピゴノイのテーベ遠征に参加したが、のちにもまた父の命に従い、父を裏切った母エリフィレを殺した。その罪により、彼は復讐(ふくしゅう)の女神エリニエスらに追われて諸国をさまよった。プソフィスの王フェゲウスのもとで罪を清められ、その娘アルシノエを妻とするが、母親殺しの穢(けがれ)が飢饉(ききん)を招き、ふたたび放浪の旅に出る。アケロオス川に着いたとき、川神は彼を清めて娘カリロエを彼の妻とした。しかし、前にアルシノエに与えたハルモニアの首飾りと衣装を彼女が欲したため、アルクマイオンはプソフィスを訪れ、フェゲウスに偽りの理由を述べてそれらの品物を返すよう求めたが、うそを見破られてフェゲウスに殺された。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android