コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルケメイドの定理 アルケメイドのていり Alkemade theorem

1件 の用語解説(アルケメイドの定理の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

アルケメイドの定理

A-B-C三成分系で,もし三角形内の二つの固相の組成に対応する二点が線で結ばれているならば,同じ二相が溶液や気相と平衡になることができる温度は境界の曲線がこの線に近づくと上昇する.境界曲線がこの線との交点に到達した場合に最大となるが,実際にはこの境界曲線はしばしばこの点に達する以前に安定となって止ってしまう[Wahlstrom : 1950, Levin, et al. : 1964].この定理は,A-B成分間にもう一つの(AB)相が存在する包晶反応(peritectic reaction)の説明に用いられているが,文献によって説明がかなり混乱している[Morse : 1980].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルケメイドの定理の関連キーワード正弦定理正接法則傍心余弦定理エイシイエフ図三成分系二成分系正弦法則(数学)平行六面体の法則余弦法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone