コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルケメイドの定理 アルケメイドのていりAlkemade theorem

1件 の用語解説(アルケメイドの定理の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

アルケメイドの定理

A-B-C三成分系で,もし三角形内の二つの固相の組成に対応する二点が線で結ばれているならば,同じ二相が溶液や気相と平衡になることができる温度は境界の曲線がこの線に近づくと上昇する.境界曲線がこの線との交点に到達した場合に最大となるが,実際にはこの境界曲線はしばしばこの点に達する以前に安定となって止ってしまう[Wahlstrom : 1950, Levin, et al. : 1964].この定理は,A-B成分間にもう一つの(AB)相が存在する包晶反応(peritectic reaction)の説明に用いられているが,文献によって説明がかなり混乱している[Morse : 1980].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone