コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルコールの分解とその仕組み

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アルコールの分解とその仕組み

胃などを通じて血中に入ったアルコールは、肝臓でつくられる「アルコール脱水素酵素」によって分解されて、アセトアルデヒドといわれる物質になる。この時点で体内にアルコールは残存せず、飲酒検知で問題になることはないが、このアセトアルデヒドには毒性がある。分解できずに体内に残ると、頭痛や吐き気など二日酔いの症状を引き起こす。

(2006-12-03 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android