コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルコールの分解とその仕組み

1件 の用語解説(アルコールの分解とその仕組みの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アルコールの分解とその仕組み

胃などを通じて血中に入ったアルコールは、肝臓でつくられる「アルコール脱水素酵素」によって分解されて、アセトアルデヒドといわれる物質になる。この時点で体内にアルコールは残存せず、飲酒検知で問題になることはないが、このアセトアルデヒドには毒性がある。分解できずに体内に残ると、頭痛や吐き気など二日酔いの症状を引き起こす。

(2006-12-03 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルコールの分解とその仕組みの関連キーワードセチルアルコール多価アルコール変性アルコールアルコールハラスメントアルコールランプロールコールアルハラノンアルコールポリアルコール