コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルシノエ[2世](英語表記)Arsinoē II

世界大百科事典 第2版の解説

アルシノエ[2世]【Arsinoē II】

前316ころ‐前270
ヘレニズム時代エジプト(プトレマイオス王朝)の王妃。いろいろな意味で,同朝の有名なクレオパトラ(7世)女王の先蹤(せんしよう)とも見られる。プトレマイオス1世の娘。初め四十数歳も年上のトラキア王,老リュシマコスにめあわされ,その没後自分の異母兄プトレマイオス・ケラウノス(稲妻)と再婚したが,これは1年で死別。エジプトに戻って実弟プトレマイオス2世と結婚し(前278),エジプト王妃となった。その間先妻アルシノエ1世(前述リュシマコスの娘)は3子とともに除かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルシノエ[2世]の言及

【トパーズ】より

…プトレマイオス2世の母たるベレニケ王妃の命により,この島から初めて1個のトパーズ(ただしこれは現在ペリドットと呼ばれているもの)がエジプト王家に将来されたのは前3世紀のことだった。トパーズはいたく王を喜ばせ,王はこの宝石で2mにおよぶ妻アルシノエ2世の像をつくらせて,アルシノエ神殿と名づけた聖域にこれを奉納した。このプリニウスの話に出てくるトパゾス島というのは,たぶんセント・ジョン島ではないかといわれている。…

※「アルシノエ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android