コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルシノエ[2世] Arsinoē II

1件 の用語解説(アルシノエ[2世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルシノエ[2世]【Arsinoē II】

前316ころ‐前270
ヘレニズム時代エジプト(プトレマイオス王朝)の王妃。いろいろな意味で,同朝の有名なクレオパトラ(7世)女王の先蹤(せんしよう)とも見られるプトレマイオス1世の娘。初め四十数歳も年上のトラキア王,老リュシマコスにめあわされ,その没後自分の異母兄プトレマイオス・ケラウノス(稲妻)と再婚したが,これは1年で死別。エジプトに戻って実弟プトレマイオス2世と結婚し(前278),エジプト王妃となった。その間先妻アルシノエ1世(前述リュシマコスの娘)は3子とともに除かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアルシノエ[2世]の言及

【トパーズ】より

…プトレマイオス2世の母たるベレニケ王妃の命により,この島から初めて1個のトパーズ(ただしこれは現在ペリドットと呼ばれているもの)がエジプト王家に将来されたのは前3世紀のことだった。トパーズはいたく王を喜ばせ,王はこの宝石で2mにおよぶ妻アルシノエ2世の像をつくらせて,アルシノエ神殿と名づけた聖域にこれを奉納した。このプリニウスの話に出てくるトパゾス島というのは,たぶんセント・ジョン島ではないかといわれている。…

※「アルシノエ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルシノエ[2世]の関連キーワードアタラクシアコムニズム峰ドロイゼンプトレマイオス朝ペルガモンヘレニズムヘロデ古代エジプト語ワイスマニズムオルバ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone