コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルジュナ Arjuna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルジュナ
Arjuna

インドの大叙事詩『マハーバーラタ』に登場する英雄。パーンドゥの5王子のうちでも最も武勇にすぐれる。あるとき,山男の姿をしたシバ Śiva神と格闘したが,シバは彼の武勇をたたえ,神槍パーシュパタ Pāśupataなどの武器を授けたという。クル国の百王子との大戦争においても大活躍する。有名な『バガバッド・ギーター』は,彼に対するクリシュナ (ビシュヌ神の権化) の教えである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアルジュナの言及

【バーラビ】より

…叙事詩《キラータールジュニーヤKirātārjunīya》により技巧派詩人として名声を博している。この詩は18章から成り,大叙事詩《マハーバーラタ》から取材し,勇士アルジュナ王子が凶悪な山地部族のキラータに扮したシバ神と格闘し,その武勇を認められて天授の武器を獲得するてんまつを述べているが,彼の名声は詩の内容よりはむしろ韻律および修辞上のすぐれた技巧によるもので,詩的技巧を重んじる修辞学書に多く引用されている。【田中 於菟弥】。…

【ビヤーサ】より

…しかし《マハーバーラタ》にその物語の展開と深くかかわる形で語られる,その書の著者としての伝説が本来のものであり,他の業績はこれに付加されたものといえる。彼は聖仙パラーシャラの息子であり,百王子の父ドリタラーシュトラと五王子の父パーンドゥの実質的父親にあたり,パーンドゥ五王子のひとりアルジュナに無敵の武器の入手法を教えるなど多くの助言をしている。戦争が終わり息子たちも死に絶えた後,彼はその経緯のすべてを物語る自作の詩を弟子のバイシャンパーヤナに伝え,その朗唱を模倣する形で吟唱詩人のウグラシュラバスが現形の《マハーバーラタ》を伝えたとされている。…

※「アルジュナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルジュナの関連キーワードアルジュナウィワハバガバッドギータージャワティムール州ジャナメージャヤアルジュナ寺院群クンティー夫人ドラウパディーディエン高原タントゥラルジャワ文学クディリ朝パスルアンジャワ島バーラビ

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android