コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゼンチン経済

1件 の用語解説(アルゼンチン経済の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アルゼンチン経済

主力産業は農業や畜産業で、飼料用とうもろこしや牛肉の生産が多い。2001年の債務不履行(デフォルト)後、経済は持ち直している。だが、輸出入の2割超を占める隣国ブラジル景気減速あおりで、12年以降は成長率が下がった。日本向けには飼料や銅を輸出している。

(2014-06-19 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルゼンチン経済の関連キーワードギザ県システム産業第3次産業高原町トリマ州原始産業グルテンフィード高原[町]飼料用米森産業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルゼンチン経済の関連情報