コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタクセルクセス2世 アルタクセルクセスにせいArtaxerxēs II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタクセルクセス2世
アルタクセルクセスにせい
Artaxerxēs II

アケメネス朝ペルシアの王 (在位前 404~359/8) 。ペルシア名アルタクシャトゥラ。ダレイオス2世の子。前 404年エジプトを失い,翌年ギリシア人と結んだ弟キュロス (小) の謀反にあい,鎮圧はしたもののペルシアの弱体ぶりを露呈。前 400年スパルタの離反に悩まされたが,前 394年クニドス沖でスパルタ海軍を撃破し,前 386年「アンタルキダスの和約 (大王の和約) 」を結び,小アジア本土とキプロスを確保した。ギリシア諸国の自治を認め,アテネを牽制して諸国の相互反目のうえに優位を保持した。他方エジプトへの2度の遠征 (前 385~383,前 374) には失敗,アルメニアアナトリアをはじめ国内にも反乱が頻発したが,反乱側の内部分裂により,アルタクセルクセスは帝国の大部分の失地を回復することができた。宗教面では,ミトラ,アナーヒターの2神を復活させ,神像崇拝の儀式を取入れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルタクセルクセス2世の関連キーワードクセノフォン(古代ギリシア文筆家)アルタクセルクセス[3世]アルタクセルクセス二世王墓西・南アジア史(年表)アルタクセルクセス3世アンタルキダスの条約アケメネス朝ペルシアアンタルキダス条約クナクサの戦いキュロス(小)アンタルキダスファルナバズスチサフェルネスデュラフォアペルシア帝国ケライナイダレイオスアナバシスクテシアスマウソロス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android