アルタクセルクセス2世(読み)アルタクセルクセスにせい(英語表記)Artaxerxēs II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタクセルクセス2世
アルタクセルクセスにせい
Artaxerxēs II

アケメネス朝ペルシアの王 (在位前 404~359/8) 。ペルシア名アルタクシャトゥラ。ダレイオス2世の子。前 404年エジプトを失い,翌年ギリシア人と結んだ弟キュロス (小) の謀反にあい,鎮圧はしたもののペルシアの弱体ぶりを露呈。前 400年スパルタの離反に悩まされたが,前 394年クニドス沖でスパルタ海軍を撃破し,前 386年「アンタルキダスの和約 (大王の和約) 」を結び,小アジア本土とキプロスを確保した。ギリシア諸国の自治を認め,アテネを牽制して諸国の相互反目のうえに優位を保持した。他方エジプトへの2度の遠征 (前 385~383,前 374) には失敗,アルメニアアナトリアをはじめ国内にも反乱が頻発したが,反乱側の内部分裂により,アルタクセルクセスは帝国の大部分の失地を回復することができた。宗教面では,ミトラ,アナーヒターの2神を復活させ,神像崇拝の儀式を取入れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android