コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタバヌス5世 アルタバヌスごせいArtabanus V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタバヌス5世
アルタバヌスごせい
Artabanus V

[生]?
[没]224
古代イラン,アルサケス朝パルティア帝国の事実上最後の王 (在位 212/3~224) 。絶え間ないローマの侵略によって弱体化した王国を,クテシフォンを都とする兄弟のボロゲセス5世 (在位 208/9~228/9) と分割領有した。スーサを都とし,ローマ軍を撃退して一時勢力を回復したが,224年,ファールスに台頭したササン朝アルダシール1世によってスシアナの会戦で倒された。その2年後の 226年パルティア帝国は滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルタバヌス5世の関連キーワード西・南アジア史(年表)フィルザバード

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android