アルタン・ブラク(英語表記)Altan Bulag

世界大百科事典 第2版の解説

アルタン・ブラク【Altan Bulag】

モンゴル中北部,セレンゲ・アイマクにある都市。アルタン・ブラクとは〈黄金の泉〉の意味である。ロシア連邦のキャフタ市と国境をはさんで相対する。1727年のキャフタ条約により清・ロシア間の交易場として,ロシア側のキャフタと並んで建設され,マイマイチェン(買売城)と呼ばれた。1921年モンゴル人民革命軍がマイマイチェンを占領して,中華民国からの独立の発端となったので,のちにこれを記念してアルタン・ブラクと改名された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android