コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルダシール1世 アルダシールいっせいArdashīr I

1件 の用語解説(アルダシール1世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルダシール1世
アルダシールいっせい
Ardashīr I

[生]?
[没]241
古代イラン,ササン朝の創設者 (在位 226~241) 。ファールス地方のイスタクルのアナヒタ神殿の祭司であったササンを祖父とし,地方領主であったバベクを父として生れたと伝えられる。父の死後ファールスの支配者となり,ケルマーンイスファハン,アフワズ方面に勢力を拡大,224年パルティア帝国アルタバヌス5世を倒してクテシフォンを占領。 226年即位し,以後アゼルバイジャン,メルブ,ホラズム,バクトリア,さらにアルメニアをも併合,イラン統一に成功してササン朝の基礎を固めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルダシール1世の関連キーワードアギス[4世]アッタロス[1世]トリブス遺失物ポエニ戦争埋蔵物iPad自由民主党orange観光イベント

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone