アルダシール1世(読み)アルダシールいっせい(英語表記)Ardashīr I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルダシール1世
アルダシールいっせい
Ardashīr I

[生]?
[没]241
古代イラン,ササン朝の創設者 (在位 226~241) 。ファールス地方のイスタクルのアナヒタ神殿の祭司であったササンを祖父とし,地方領主であったバベクを父として生れたと伝えられる。父の死後ファールスの支配者となり,ケルマーンイスファハン,アフワズ方面に勢力を拡大,224年パルティア帝国アルタバヌス5世を倒してクテシフォンを占領。 226年即位し,以後アゼルバイジャン,メルブホラズムバクトリア,さらにアルメニアをも併合,イラン統一に成功してササン朝の基礎を固めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android