コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルテ・ピナコテーク Alte Pinakothek

1件 の用語解説(アルテ・ピナコテークの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルテ・ピナコテーク【Alte Pinakothek】

ミュンヘンにある美術館。所蔵作品は15~18世紀の西欧絵画約2万点。そのうち1000余点が常時展示されている。創設は1836年。バイエルン国王マクシミリアン1世が,それまで王宮や離宮にあった16世紀以来のバイエルン公の収集を一堂に集め一般公開したもので,ルートウィヒ1世の命により作られた建物は新古典主義建築の巨匠クレンツェの設計による。創建当初は王立,現在はバイエルン州立である。所蔵作品の中心を成すのは,デューラーアルトドルファーを中心とする15~16世紀ドイツ絵画であるが,初期ネーデルラント絵画,ルーベンスをはじめとする17世紀フランドルオランダ絵画,さらにはイタリアスペインフランスの絵画など,収集の層は厚い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアルテ・ピナコテークの言及

【ドイツ美術】より

…古代への関心は,歴史的記念物や遺品への開眼を促し,種々の記念碑や博物館建設の気運が高まったのもこの世紀の特徴である。ミュンヘンの絵画館アルテ・ピナコテーク(1826‐36)もクレンツェの設計になったもので,このほかザイドルGabriel von Seidl(1848‐1913)のバイエルン国立博物館(1896‐1900)やゼンパーのドレスデン国立絵画館(1846‐52)が知られる。また歴史的関心は中世にまでも及び,19世紀初頭のロマン主義思想の流れを引いてケルンやウルムの大聖堂が完成され,ノイシュワンシュタイン城(E.リーデル,1868‐86)やウィーンの奉献教会(H.vonフェルステル,1856‐79)のようなロマネスクやゴシックを模した中世様式建築も造営された。…

※「アルテ・ピナコテーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone