コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルヌルフ[メッツの] Arnulf von Metz

世界大百科事典 第2版の解説

アルヌルフ[メッツの]【Arnulf von Metz】

580ころ‐640ころ
ダゴベルト1世の師傅(しふ)。俗人でありながらメッツ(現,メッス)の司教,ついで隠修士となり,後に聖人とされた。ラテン名アルヌルフスArnulfus,フランス名アルヌールArnoul。彼の息子アンゼギゼルAnsegisel(フランス名アンゼジゼル)とアウストラシア宮宰ピピン1世の娘ベッガBeggaとの結婚からピピン家,後のカロリング家が栄えたので,特に後者の始祖の一人とみなされる。【森

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルヌルフ[メッツの]の関連キーワード会社セウェリヌスヨハネス4世アルカイオス合資会社合名会社隋の時代(年表)マクシモスVGA可視光線

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android