コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860~1939)

1件 の用語解説(アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860~1939)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860~1939)

現在のチェコ共和国生まれ。19世紀末のヨーロッパで盛んになった美術運動「アール・ヌーボー」の旗手として不動の人気を得た。女優サラ・ベルナールとの出会いによって描かれた多数のポスターでパリ中に名を広めた。

(2014-01-13 朝日新聞 朝刊 大阪市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860~1939)の関連キーワードチェコチェコスロバキアトロヤ城プラハ城ベツレヘム礼拝堂ペトシーン公園ベルトラムカマイゼルシナゴーグチェチェン[共和国]チェコ共和国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone