アルフォンソ[1世](英語表記)Alfonso I

世界大百科事典 第2版の解説

アルフォンソ[1世]【Alfonso I】

720ころ‐757
第3代アストゥリアス王。在位739‐757年。西ゴート系カンタブリア公の息子で,ペラヨの娘と結婚の後,母系制的王位継承原理に基づき国王となる。カスティリャ,アラバ,リエバナ,ガリシア地域へ統制権を拡大する一方,強大なイスラム勢力への軍事的対応のため,ドウロ河谷の西ゴート人をアストゥリアス王国内へ強制的に移住させ,同河谷沿いの旧来の諸都市を破壊するという戦略を採った。アストゥリアス【関 哲行】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルフォンソ[1世]の言及

【ナポリ王国】より

…14世紀後半に一時王位継承の争いによって国勢が衰えたが,ラディズラオLadislao d’Angio王(在位1386‐1414)のときには領土を拡大し,北の教皇領を侵略した。その死後ナポリ王国の政治は再び乱れ,アラゴン王アルフォンソ5世によって征服された(1442)。彼はすでにアルフォンソ1世としてシチリア王を兼ねていたので,〈両シチリア王〉を称した。…

※「アルフォンソ[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android