コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンソ[12世] Alfonso XII

1件 の用語解説(アルフォンソ[12世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルフォンソ[12世]【Alfonso XII】

1857‐85
スペイン王。在位1874‐85年。イサベル2世の長男。おもにイギリスで学び,いとこのメルセデスと結婚したが死別し,オーストリア大公の娘マリア・クリスティナと再婚。マルティネス・カンポス将軍のクーデタによって王位に就く。穏健派で自由主義者であったこの王は,内戦に疲弊したスペイン社会に好意的に迎えられ,カルリスタ戦争や植民地キューバの反乱を収拾。カノバス・デル・カスティリョが率いる議会で,1876年新憲法を制定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアルフォンソ[12世]の言及

【スペイン】より

…そのため,労働者階級による騒乱の要因はつねに存在し,以後,経済危機や政治不安の際には必ず表面化した。
[公式のスペインと現実のスペイン]
 王政復古を意図した保守派の政治家が支援を受けて,まず1874年1月2日に,パビア将軍(1827‐95)がマドリードで蜂起し,同年12月,サグントでマルティネス・カンポスArsenio Martínez Campos将軍(1831‐1900)のクーデタが勃発したため,第一共和国は直ちに倒れ,その結果,アルフォンソ12世(在位1874‐85)が新国王となり,王政が復活した。そして,74年以降の王政復古期の舵は保守派の領袖カノバス・デル・カスティリョの掌中に握られた。…

※「アルフォンソ[12世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルフォンソ[12世]の関連キーワードスペイン北海道新幹線スペイン王宮フェルナンド組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン交響曲スペインの歌スペイン舞曲集スペイン速歩 (Spanish trot)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone