コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンソ[13世] Alfonso XIII

1件 の用語解説(アルフォンソ[13世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルフォンソ[13世]【Alfonso XIII】

1886‐1941
スペイン王。在位1886‐1931年。父アルフォンソ12世の死後生まれ,誕生当日に即位,母后マリア・クリスティナが摂政となった。1898年,スペインは米西戦争に敗れ,キューバフィリピンを失った。1902年16歳の誕生日を期して親政時代に入り,06年イギリスビクトリア女王のめいビクトリア・エウヘニア王女と結婚。挙式当日,マドリード市街で襲撃事件を経験した。その後も,社会主義者やアナルコサンディカリストの労働運動モロッコ戦争などに悩まされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアルフォンソ[13世]の言及

【スペイン】より

…そのため,労働者階級による騒乱の要因はつねに存在し,以後,経済危機や政治不安の際には必ず表面化した。
[公式のスペインと現実のスペイン]
 王政復古を意図した保守派の政治家が支援を受けて,まず1874年1月2日に,パビア将軍(1827‐95)がマドリードで蜂起し,同年12月,サグントでマルティネス・カンポスArsenio Martínez Campos将軍(1831‐1900)のクーデタが勃発したため,第一共和国は直ちに倒れ,その結果,アルフォンソ12世(在位1874‐85)が新国王となり,王政が復活した。そして,74年以降の王政復古期の舵は保守派の領袖カノバス・デル・カスティリョの掌中に握られた。…

※「アルフォンソ[13世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルフォンソ[13世]の関連キーワードスペインスペイン王宮スペイン村フェルナンド組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン組曲スペインの歌スペイン舞曲集スペイン速歩 (Spanish trot)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone