コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンソ[2世](英語表記)Alfonso II

世界大百科事典 第2版の解説

アルフォンソ[2世]【Alfonso II】

759ころ‐842
アストゥリアス王。在位791‐842年。〈純潔王〉と呼ばれた。カール大帝との同盟関係の下にアストゥリアス王国の保全を図る一方,794年オビエド遷都を断行。カロリング・ルネサンスの影響下に同王のオビエド宮廷には新ゴート主義の理念が復活し,西ゴート王国の政治,教会機構の再建が企てられる。同時にアストゥリアス王国は西ゴート王国の継承国家と意識され,ここに国土回復戦争の理念的支柱の一つが形づくられることになる。

アルフォンソ[2世]【Alfonso II】

1152‐96
アラゴン連合王国初代の王。在位1162‐96年。その支配はピレネーを越えてプロバンスを含む南フランス一帯に及んだ。国王としての才覚に恵まれ,版図を拡大,自らの威信を高揚,さらにイスラム教徒の手にあったバレアレス諸島征服を企てたり,後世サルデーニャ島領有につながる機会を機敏にとらえるなど,後のアラゴン連合王国の地中海進出に先鞭をつけた。また文才にもたけ,折から盛んなトルバドゥール文学に深く親しんだ。【小林 一宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルフォンソ[2世]の言及

【サンチアゴ・デ・コンポステラ】より

…伝承によれば,9世紀初頭,司教テオドミーロが明るい星に導かれてヤコブの墓を発見し,これがしだいに人々の信仰を集めていった。そして同じ頃かつての西ゴート王国の復興を目指すアストゥリアス王アルフォンソ2世が,ヤコブの墓とされるものの上にこれを守る教会の建設を命じた。この信仰を支えるのは,ヤコブがイベリアに伝道し,エルサレムでの殉教後遺体が弟子たちの手でイベリアに運ばれて葬られたという伝説だが,これは文献の裏づけに乏しく史実とは認め難い。…

※「アルフォンソ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android