アルフォンソ[3世](英語表記)Alfonso III

世界大百科事典 第2版の解説

アルフォンソ[3世]【Alfonso III】

852ころ‐910か911
〈大王〉と呼ばれたアストゥリアス王国最大,最後の王。在位866‐910年。ムハンマド1世からアブドゥッラー時代における後ウマイヤ朝の政治的・宗教的内紛,それに伴うアミール権力の一時的衰微を巧みに利用しつつ,カスティリャからポルトガル北部地域に至るドウロ河谷全域をその統制下に組み入れた。同時に同河谷の再植民運動を積極的に推進し,アストゥリアス王国の支配領域をほぼ倍化した。アストゥリアス【関 哲行】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android