コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンソ[5世] Alfonso V

1件 の用語解説(アルフォンソ[5世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルフォンソ[5世]【Alfonso V】

1394‐1458
アラゴントラスタマラ朝第2代の王。在位1416‐58年。文武両面に優れ,ナポリ王国の征服とここに構えた宮廷で多くの人文学者や芸術家を厚く遇したことから〈寛大王el Magnánimo〉の異名を持つ。強力な王権の行使を志向するアルフォンソは,それぞれの法や政治伝統の維持に細心なアラゴン諸国の議会とは即位時点から対立,そのためにもっぱら地中海での覇権拡大と自国権益の防衛に政策の主眼を置いた。すでにアラゴン王家の統治下にあったシチリアサルデーニャ両島の支配を固め,コルシカをめぐってジェノバと戦い,1421年には後継者のいないナポリ女王の要請を受けてその養子となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアルフォンソ[5世]の言及

【シチリア王国】より

…しかし,トリナクリア王国は内紛のためにまもなく衰え,1412年にはアラゴンの直轄領となった。 1442年,シチリアを支配していたアラゴンのアルフォンソ5世がナポリ王に即位し,〈海峡の両側のシチリア〉を再統一し,シチリア王アルフォンソ1世となった。一時的ではあるが,〈両シチリア〉という名称が用いられたこともある。…

【ナポリ王国】より

…14世紀後半に一時王位継承の争いによって国勢が衰えたが,ラディズラオLadislao d’Angio王(在位1386‐1414)のときには領土を拡大し,北の教皇領を侵略した。その死後ナポリ王国の政治は再び乱れ,アラゴン王アルフォンソ5世によって征服された(1442)。彼はすでにアルフォンソ1世としてシチリア王を兼ねていたので,〈両シチリア王〉を称した。…

【レオン】より

…古くから金や銅などの鉱産物で知られ,都市名はローマ時代の駐屯軍の名に由来する。6世紀末には西ゴート王国の支配下に入り,714年にイスラム教徒に征服されたが,9世紀半ばからキリスト教徒による再征服が進み,882年アルフォンソ3世によって最終的に回復された。910年,アストゥリアス王国の首都はオビエドからレオンに移り,レオン王国の版図は現在のレオン,サモラ,サラマンカの3県およびバレンシア,バリャドリー島両県の大部分に及んだ。…

※「アルフォンソ[5世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルフォンソ[5世]の関連キーワードアラゴンエストラゴンウオータードラゴンスーダの塔中日ドラゴンズドラゴンの歯ドラゴンの眼名古屋ドラゴンズペーパー・ドラゴンドラゴン級

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone