コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフレッド フーシェ Alfred Foucher

20世紀西洋人名事典の解説

アルフレッド フーシェ
Alfred Foucher


1865.11.21 - 1952
フランスのインド学者,東洋学者。
元・パリ大学教授,元・東京日仏会館館長。
ロリアン生まれ。
インド美術の権威。ハノイのフランス極東学院院(1901〜07年)、パリ大学教授(’19年)、東京日仏会館館長(’26年)等を歴任。この間仏教美術を中心にインド、ジャワ、スリランカ、日本、アフガニスタンなどの考古学調査を行い、その成果は「ガンダオラのギリシア・仏教美術」(2巻、1905〜51年)、「仏教美術の始原」(’17年)などの多くの著作に結実した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

アルフレッド フーシェ

生年月日:1865年11月21日
フランスの東洋学者
1952年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

アルフレッド フーシェの関連キーワードミュッセ生年月日

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android