コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベニス:ナバーラ/piano solo Navarra

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

アルベニス:ナバーラ/piano solo

「ナバーラ」とは、ピレネーの西に広がる地名である。
アルベニスはこの曲は1908年から作曲しはじめたものの、翌年、これを完成させることなくこの世を去ることになった。そこで、弟子であり、また友人でもあっ ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

アルベニス:ナバーラ/piano soloの関連キーワードペドロ イトゥラルデキルナ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android