コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベニス:マリョルカ島(舟歌)/piano solo Mallorca(Barcarola)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

アルベニス:マリョルカ島(舟歌)/piano solo

嬰へ短調、8分の6拍子、アンダンティーノ。1883年以前に作曲されたとされる、アルベニス初期の作品。 マリョルカ島は、ショパンがジョルジュ・サンドと過ごした島として有名である。二拍子系の舟歌の揺れにの ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

アルベニス:マリョルカ島(舟歌)/piano soloの関連キーワードラモン・ベレンゲル3世(大王)パルマデマリョルカ大聖堂パルマ・デ・マリョルカパルマ・デ・マリョルカパルマのカテドラルカルトゥシャ修道院アルムダイナ宮殿マジョルカ島ベイベール城ドラック洞窟バルデモサマヨルカ島バレアレスメノルカ島ベルベル城マヨリカパルマルルス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android