アルベルト ゼッダ(英語表記)Alberto Zedda

現代外国人名録2012の解説

アルベルト ゼッダ
Alberto Zedda


国籍
イタリア

専門
指揮

生年月日
1928/1/2

出生地
イタリア ミラノ

学歴
ヴェルディ音楽院卒

経歴
ミラノのヴェルディ音楽院で、オルガンをアルチェオ・ガルリエーラ、作曲をR.ファイト、指揮をアントニオ・ヴィットーとカルロ・マリア・ジュリーニに学ぶ。1956年ミラノのポリテクニク・チェンバー・グループを指揮しデビュー。’57〜59年シンシナティ音楽大学など米国で指揮及び教授活動を行った後、’61年ベルリン・ドイツ・オペラ、’68〜69年ニューヨーク・シティ・センター・オペラでイタリアオペラの指揮者に。’75年英国のコベント・ガーデン王立オペラに客演。ロッシーニ研究の権威として知られ、ペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティバル芸術監督、同地のアカデミア・ロッシニアーナ学長、ラ・コルーニャのモーツァルト・フェスティバル芸術顧問を務める。2008年ロッシーニのオペラ「どろぼうかささぎ」の日本初演を指揮。2010年藤原歌劇団を率いて「タンクレーディー」を指揮する。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android