コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベール[1世] Albert I

世界大百科事典 第2版の解説

アルベール[1世]【Albert I】

1875‐1934
ベルギー王。在位1909‐34年。本名Albert Leopold Clement Marie Meinrad。フランドル伯フィリップの第2子。1900年バイエルン公女エリーザベトと結婚。伯父レオポルド2世のあとを継いで国王になったが,強烈な個性のレオポルドが晩年,コンゴ植民地問題で人気を失ったため,アルベールは政治の舞台から退くことが王位を安泰におくことを察し,憲法に規定された国事行為のみに政務を限定した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルベール[1世]の言及

【地中海】より

…黒海からは塩分20‰以下の海水が流入するので,ダーダネルス海峡付近の塩分は25‰程度である。 地中海の海洋学的研究に大きく貢献したのはモナコのアルベール1世Albert I(1848‐1922)の提唱によって創設された地中海科学探求国際委員会であり,モナコには彼が創設した海洋博物館がある。
[生活舞台としての地中海]
 北西ヨーロッパにおいて進行した農業革命および産業革命の結果,地中海地域はヨーロッパの周辺あるいはヨーロッパ列強の植民地になった。…

※「アルベール[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルベール[1世]の関連キーワード清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎フランス共和国憲法日本郵便制度史(年表)伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android