コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルボラン岩 アルボランがんalboranite

岩石学辞典の解説

アルボラン岩

紫蘇輝石安山岩の一種で,長石はCaに富み岩石分析値の分子比ではNa/Ca<0.5の範囲の岩石に命名された[Becke : 1899].橄欖(かんらん)石を含まない紫蘇輝石玄武岩で安山岩と同じく微晶質(microlitic)組織をもつ岩石と同じである.バイトゥナイト~灰長石と紫蘇輝石の斑晶を含み,石基はハイアロピリティックで短冊状のラブラドライト斜方輝石磁鉄鉱などで構成されている.スペイン,アルボラン(Alboran)島に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android