コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルボーレ修道院 アルボーレシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

アルボーレ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【アルボーレ修道院】

Mănăstirea Arbore》ルーマニア北東部の村アルボーレにある修道院。16世紀初頭にモルドバ公国の貴族ルカ=アルボーレにより創設。ブコビナ地方南部を代表する五つの修道院の中では最も規模が小さいが、外壁に描かれたフレスコ画の保存状態がよいことで知られる。1993年に「モルドバ地方の教会群」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アルボーレ修道院の関連キーワードモルドバ公国修道院

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android