コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルムクウィスト Almqvist, Carl Jonas Love

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルムクウィスト
Almqvist, Carl Jonas Love

[生]1793.11.28. ストックホルム
[没]1866.9.26. ブレーメン
スウェーデンの小説家。ロマン主義から転じて,台頭期のリアリズムの代表者となる。 1815年ウプサラ大学卒業。一時ストックホルムで宗教局に勤めたが,24年から2年間西ベルムランドでルソーの理想に従って,グループで農耕に従事した。 29年ストックホルムに新設された実験的な学校の校長となり 41年までその職にあった。その間 37年ルター教会の牧師となった。 30年代後半からリアリズムに転じ,教会の封建性を批判した『礼拝堂』 Kapellet (1838) ,因襲的結婚を痛罵した『それも可能だ』 Det går an (39) などの問題小説で世論を沸騰させた。やがてその急進的思想は白眼視され,経済的苦境に陥り,51年6月,私文書偽造と債権者毒殺の嫌疑を受けてストックホルムを去る。変名でアメリカを放浪後,ドイツにおいて変名のまま死んだ。『野ばらの書』 Törnrosens bok (14巻,33~51) には,彼の作品の大半が収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルムクウィストの関連キーワードスウェーデン文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android