アルメリア(読み)あるめりあ(英語表記)shrift

翻訳|shrift

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルメリア(イソマツ科)
あるめりあ
shriftlady's cushion
[学]Armeria

イソマツ科の多年草。同属には約50種がある。花壇、鉢植え用として、おもにハマカンザシA. vulgaris Willd.とオオハマカンザシA. plantaginea Willd.が栽培される。ハマカンザシは中部ヨーロッパ、北アメリカ、チリ、千島などに分布し、主としてヨーロッパ産のものが品種改良されている。葉は線状または線状披針(ひしん)形で、叢(そう)状に群生し、芝状になる。花は3~5月に花茎を10~15センチメートル伸ばして、小さい花が集まって径2.5センチメートルの頭状花となる。花色は桃赤色、藤(ふじ)色、白などがある。
 オオハマカンザシは南・中部ヨーロッパの原産で、花茎は30センチメートル以上にも伸び、実生(みしょう)によって変種を楽しむこともできる。マツバナデシコA. caespitosa Boiss.は、スペイン、ポルトガルの高山に自生し、形はハマカンザシに似るが、矮性(わいせい)で、花茎は5~6センチメートルでヒメカンザシともいわれる。いずれも耐冬性があり、性質もきわめて強い。土質は選ばないが、酸性土壌では育ちが悪いので、消石灰を1平方メートル当り100グラムをまいて植えるとよい。排水がよく日当りのよい所に、9月下旬から10月上旬に株分けをする。[猪股正夫]

語源

かんざし玉のようにみえるのでハマカンザシの名がある。英名のシュリフトやレディス・クッションの名は、よく繁茂する姿からつけられたが、レディス・クッションのレディは聖母マリアをさすとの説もある。またシー・ピンクの別名もあるが、海辺で育ちピンクの花を咲かせることにちなんでいる。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルメリアの関連情報