コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルルベルク峠 アルルベルクとうげArlberg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルルベルク峠
アルルベルクとうげ
Arlberg

オーストリアの西部にあるアルプス東西交通路上の重要な峠。標高 1793m。ボーデン湖畔からチロルインスブルックにいたる途上,フォラルルベルク州とチロル州との境に位置し,ライン水系とドナウ水系の分水界をなす。 1884年ランゲン (西側) からザンクトアントン (東側) 間に全長 10.25kmのトンネルが開通し,鉄道が峠の下を抜けるようになった。付近はスキー場としても有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルルベルク峠の関連キーワードシュナイダーオーストリア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android