コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンダー島(読み)アレクサンダーとう(英語表記)Alexander Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンダー島
アレクサンダーとう
Alexander Island

南極大陸の南極半島西方にある島。 1821年ロシアのベリングスハウゼンが発見。断層地形の海岸が発達し,大陸との間は棚氷におおわれた狭長な海峡であることが,1940年に発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクサンダー島
あれくさんだーとう
Alexander Island

南極半島西部の、南緯71度、西経70度を中心としたJ字形の島。南北約450キロメートル、幅は北部で90キロメートル、南部で300キロメートル。1821年に、ロシアのベリングスハウゼンが遠くから見てアレクサンダー1世陸地と名づけたが、1930~1940年代のイギリスおよびアメリカ隊の調査によって島であることがわかった。ジョージ6世海峡によって南極半島と隔てられている。島の東岸にイギリスの夏基地がある。[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android