コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンダー島 アレクサンダーとうAlexander Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンダー島
アレクサンダーとう
Alexander Island

南極大陸の南極半島西方にある島。 1821年ロシアのベリングスハウゼンが発見。断層地形の海岸が発達し,大陸との間は棚氷におおわれた狭長な海峡であることが,1940年に発見された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクサンダー島
あれくさんだーとう
Alexander Island

南極半島西部の、南緯71度、西経70度を中心としたJ字形の島。南北約450キロメートル、幅は北部で90キロメートル、南部で300キロメートル。1821年に、ロシアのベリングスハウゼンが遠くから見てアレクサンダー1世陸地と名づけたが、1930~1940年代のイギリスおよびアメリカ隊の調査によって島であることがわかった。ジョージ6世海峡によって南極半島と隔てられている。島の東岸にイギリスの夏基地がある。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アレクサンダー島の関連キーワードベリングスハウゼン海南極探検

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android