コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンダー島 アレクサンダーとう Alexander Island

2件 の用語解説(アレクサンダー島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンダー島
アレクサンダーとう
Alexander Island

南極大陸の南極半島西方にある島。 1821年ロシアベリングスハウゼンが発見。断層地形の海岸が発達し,大陸との間は棚氷におおわれた狭長な海峡であることが,1940年に発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクサンダー島
あれくさんだーとう
Alexander Island

南極半島西部の、南緯71度、西経70度を中心としたJ字形の島。南北約450キロメートル、幅は北部で90キロメートル、南部で300キロメートル。1821年に、ロシアのベリングスハウゼンが遠くから見てアレクサンダー1世陸地と名づけたが、1930~1940年代のイギリスおよびアメリカ隊の調査によって島であることがわかった。ジョージ6世海峡によって南極半島と隔てられている。島の東岸にイギリスの夏基地がある。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレクサンダー島の関連キーワード南極半島オングル島アレキサンダー島クーバービル島久野岬クラレンス島ジョインビル諸島スノーヒル島高木岬ウエッデル海

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone