コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンデル[6世] Alexander VI

1件 の用語解説(アレクサンデル[6世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アレクサンデル[6世]【Alexander VI】

1431‐1503
ローマ教皇。在位1492‐1503年。本名ロドリゴボルジアRodrigo Borgia。叔父教皇カリストゥス3世により25歳で枢機卿に任命され,パウルス2世時代(1464‐71)に教皇庁内で勢力を拡大し,シクストゥス4世の教皇選挙を画策し,自分は強力な贈賄によって当選した。教皇としての施策は出身たるボルジア家,とくにその子チェーザレ・ボルジアへの優遇から決定され,その権謀術数ルネサンス期支配者の模範としてマキアベリの賞賛をえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアレクサンデル[6世]の言及

【ボルジア】より

…ルネサンス・イタリアの政治家。アルバノ司教で枢機卿のロドリゴ・ボルジア(後の教皇アレクサンデル6世)の庶子。1482年教皇シクストゥス4世の首席秘書官を皮切りに,最初は聖職者の道を歩み始める。…

【ボルジア家】より

…このときすでに77歳で多くをなしえなかった。その後同家の地位を上昇させたのは彼の甥ロドリゴ(1431‐1503)で,彼が92年に教皇アレクサンデル6世となったときには同家はほかに4人の枢機卿を擁し,絶頂期を迎える。新大陸発見後のスペイン・ポルトガル間の世界分割の調停,サボナローラの破門宣告,フランス軍のイタリア侵入からのローマの救済などのヨーロッパ外交で手腕を発揮し,ラファエロ,ミケランジェロやブラマンテに絵や建築の仕事を与え,ローマのルネサンス文化を確立させた。…

※「アレクサンデル[6世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アレクサンデル[6世]の関連キーワードエウゲニウス教皇教皇庁クレメンスボニファチウスレオローマ教皇庁ヨハネスローマ教皇ローマ教会

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone