コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンデル5世 アレクサンデルごせいAlexander V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンデル5世
アレクサンデルごせい
Alexander V

[生]1339頃. カンディア
[没]1410.5.3. ボローニャ
大分裂時代の対立教皇(在位 1409~10)。本名 Petros Philargos。ギリシア出身のフランシスコ会士(→フランシスコ修道会)で,唯名論をとる神学者。1402年にミラノ大司教,1405年に枢機卿(→カーディナル)となる。西方教会の統合を期待され,1409年ピサ教会会議において満場一致で教皇に選出されたが,教会会議はすでに登位していた教皇グレゴリウス12世アビニョンの対立教皇ベネディクツス13世を退位させられず,3教皇鼎立の状態となった。登位時 70歳の高齢で,わずか 10ヵ月の在位であり,後継の対立教皇ヨハネス23世に毒殺されたとする説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アレクサンデル5世の関連キーワードコンスタンツ公会議ライプツィヒ大学ピサ宗教会議ピサ公会議

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android