アレクサンドラ ブンスアイ(英語表記)Alexandra Bounxouei

現代外国人名録2012の解説

アレクサンドラ ブンスアイ
Alexandra Bounxouei


国籍
ラオス

専門
歌手

生年月日
1987

出生地
ブルガリア

学歴
ラオ・アメリカン・カレッジ;慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科

経歴
父はラオス国立音楽舞踊大学副学長、母はブルガリア人で同大学のピアノ講師という音楽一家に生まれ、1歳からラオスで暮らす。コンサートを開く母の影響で歌手を志し、ピアノ、バイオリンなども習得。15歳の2002年、デビューシングル「サーイファン(夢)」がラオスでヒットを記録。歌唱力、ルックスが受け、社会主義国である同国初のポップアイドルとして人気を獲得、コンサートに数万人が押しかける現象を起こし、隣国タイでもヒットする。伝統衣裳の巻スカート“シン”で舞台に立つことも多く、伝統歌謡や踊りも取り入れる。同年交換留学生として北海道に1ケ月滞在。2008年芸能活動を休止して来日、慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科で学ぶ。4ケ国語に堪能。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android