コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドル・ネフスキー Aleksandr Nevskii

1件 の用語解説(アレクサンドル・ネフスキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アレクサンドル・ネフスキー【Aleksandr Nevskii】

1220ころ‐63
中世ロシアの英主。ノブゴロド公(在位1236‐51)を経て,ウラジーミル大公になった(1252‐63)。軍事的才能に恵まれ,1240年7月15日には,弱冠20歳でネバ川から上陸したスウェーデン軍を小部隊で急襲,敗走させ,ネフスキー(〈ネバ川の〉の意)とたたえられた。ほどなく都市貴族と不仲になり,歴代諸公と同様に一時ノブゴロドを追放されたが,42年4月5日,凍結したチュド湖の〈氷上の戦〉で,侵入するドイツ騎士修道会と激戦を交え,これに壊滅的打撃を与えて勇名を馳せた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアレクサンドル・ネフスキーの言及

【チュド[湖]】より

…プスコフとタルトゥなどの間に定期航路がある。1242年4月,ドイツ系のリボニア騎士団がこの地に侵入したとき,アレクサンドル・ネフスキーの率いるノブゴロド軍は凍結したチュド湖上にこれを迎えうち,撃破した。この戦いはバルト海東部,リボニア地域をめぐる争いにおいて,ロシア側が勝利をおさめる第一歩となったものであり,〈氷上の戦〉として名高い。…

【ネバ[川]】より

… ネバ川はキエフ・ロシア時代すでにバルト海から黒海,ビザンティン帝国へ至る水路の北方起点となっていたが,現在では,白海・バルト海運河,ボルガ・バルト水路の一部をなし,ヨーロッパ・ロシアにおける最も重要な水上交通路となっている。ネバの形容詞がネフスキーnevskii(〈ネバ川の〉の意)であるが,1240年にネバ河畔でスウェーデン軍を撃退したノブゴロド公アレクサンドルは,この勝利によってアレクサンドル・ネフスキーと呼ばれるようになった。1703年,ピョートル1世が河口の広大な三角州の上に新都サンクト・ピーテルブルッフ(旧,レニングラード。…

※「アレクサンドル・ネフスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アレクサンドル・ネフスキーの関連キーワードイーゴリ軍記リューリク英主コロシアム小ロシア普魯西統一ロシア労農ロシア殺しあいロシアの恋人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone