コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドル・ネフスキー Aleksandr Nevskii

世界大百科事典 第2版の解説

アレクサンドル・ネフスキー【Aleksandr Nevskii】

1220ころ‐63
中世ロシアの英主。ノブゴロド公(在位1236‐51)を経て,ウラジーミル大公になった(1252‐63)。軍事的才能に恵まれ,1240年7月15日には,弱冠20歳でネバ川から上陸したスウェーデン軍を小部隊で急襲,敗走させ,ネフスキー(〈ネバ川の〉の意)とたたえられた。ほどなく都市貴族と不仲になり,歴代諸公と同様に一時ノブゴロドを追放されたが,42年4月5日,凍結したチュド湖の〈氷上の戦〉で,侵入するドイツ騎士修道会と激戦を交え,これに壊滅的打撃を与えて勇名を馳せた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアレクサンドル・ネフスキーの言及

【チュド[湖]】より

…プスコフとタルトゥなどの間に定期航路がある。1242年4月,ドイツ系のリボニア騎士団がこの地に侵入したとき,アレクサンドル・ネフスキーの率いるノブゴロド軍は凍結したチュド湖上にこれを迎えうち,撃破した。この戦いはバルト海東部,リボニア地域をめぐる争いにおいて,ロシア側が勝利をおさめる第一歩となったものであり,〈氷上の戦〉として名高い。…

【ネバ[川]】より

… ネバ川はキエフ・ロシア時代すでにバルト海から黒海,ビザンティン帝国へ至る水路の北方起点となっていたが,現在では,白海・バルト海運河,ボルガ・バルト水路の一部をなし,ヨーロッパ・ロシアにおける最も重要な水上交通路となっている。ネバの形容詞がネフスキーnevskii(〈ネバ川の〉の意)であるが,1240年にネバ河畔でスウェーデン軍を撃退したノブゴロド公アレクサンドルは,この勝利によってアレクサンドル・ネフスキーと呼ばれるようになった。1703年,ピョートル1世が河口の広大な三角州の上に新都サンクト・ピーテルブルッフ(旧,レニングラード。…

※「アレクサンドル・ネフスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アレクサンドル・ネフスキーの関連キーワードプロコフィエフ(Sergey Sergeevich Prokof'ev)サンクトアレクサンドルアレクサンドルネフスキー大聖堂セルゲイ エイゼンシテインアレクサンドル・ネフスキーニコライ チェルカーソフサンクトペテルブルグエイゼンシュテインペトロザボーツクネフスキー大通りプロコフィエフモスクワ大公国ネフスキー通りチュド[湖]ザミャーチンロシア映画5月30日トームペア氷上の戦い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android