コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドロフスキー,V.D. あれくさんどろふすきー

世界大百科事典内のアレクサンドロフスキー,V.D.の言及

【プロレトクリト】より

…実践面では〈芸術と労働生活の融合〉といった目標もかかげられ,いくぶんか偏向も見られたらしい。1920年のレーニンの批判,ボグダーノフの転身後,その文芸理論は創造性を失い,カージンVasilii Vasil’evich Kazin(1898‐1981)やアレクサンドロフスキーVasilii Dmitrievich Aleksandrovskii(1897‐1934)など,ここに拠って世界革命,工場,鋼鉄を歌いあげていたプロレタリア詩人の多くも,別に〈鍛冶場Kuznitsa〉グループを結成することになる。【江川 卓】。…

※「アレクサンドロフスキー,V.D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone