コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクシウス2世 アレクシウスにせいAlexius II Comnenus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクシウス2世
アレクシウスにせい
Alexius II Comnenus

[生]1169
[没]1183.11. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 1180~83) 。マヌエル1世の息子。父の死後 11歳で登位。ラテン人である母マリアの摂政によるラテン優遇策は国政を混乱させた。 1182年ラテン人に対する暴動が首都コンスタンチノープルに起ると,父の従弟で,親西欧策に反対する地方官アンドロニクス (のちのアンドロニクス1世 ) に乗じられ,首都入城後,彼に実権を握られた。アンドロニクスによって,母の処刑命令に署名させられ,83年9月摂政となったアンドロニクスによって,その2ヵ月後に暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アレクシウス2世の関連キーワード鎌倉幕府アイユーブ朝ハインリヒ[6世]嘉応平時実平時忠源雅頼後鳥羽天皇上総広常斎藤実盛

今日のキーワード

共謀罪

ある特定の犯罪を行おうと具体的・現実的に合意することによって成立する犯罪。実際に犯罪を行わなくても、何らかの犯罪を共謀した段階で検挙・処罰することができる。米国や英国などでは設けられているが、日本の刑...

続きを読む

コトバンク for iPhone