コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクシウス2世(読み)アレクシウスにせい(英語表記)Alexius II Comnenus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクシウス2世
アレクシウスにせい
Alexius II Comnenus

[生]1169
[没]1183.11. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 1180~83) 。マヌエル1世の息子。父の死後 11歳で登位。ラテン人である母マリアの摂政によるラテン優遇策は国政を混乱させた。 1182年ラテン人に対する暴動が首都コンスタンチノープルに起ると,父の従弟で,親西欧策に反対する地方官アンドロニクス (のちのアンドロニクス1世 ) に乗じられ,首都入城後,彼に実権を握られた。アンドロニクスによって,母の処刑命令に署名させられ,83年9月摂政となったアンドロニクスによって,その2ヵ月後に暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android