コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクシウス2世 アレクシウスにせい Alexius II Comnenus

1件 の用語解説(アレクシウス2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクシウス2世
アレクシウスにせい
Alexius II Comnenus

[生]1169
[没]1183.11. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 1180~83) 。マヌエル1世の息子。父の死後 11歳で登位。ラテン人である母マリアの摂政によるラテン優遇策は国政を混乱させた。 1182年ラテン人に対する暴動が首都コンスタンチノープルに起ると,父の従弟で,親西欧策に反対する地方官アンドロニクス (のちのアンドロニクス1世 ) に乗じられ,首都入城後,彼に実権を握られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレクシウス2世の関連キーワード階乗合同N没・歿勃・歿・没NかMかN末端残基Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone