コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクシウス4世 アレクシウスよんせいAlexius IV Angelus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクシウス4世
アレクシウスよんせい
Alexius IV Angelus

[生]?
[没]1204.2.8. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 1203~04) 。政敵アレクシウス3世により父イサキウス2世とともに監禁された (1195) が,1201年脱出,姉イレネの夫シュワーベンのフィリップ王のもとに身を寄せた。巨額の謝礼,東西両教会の統一などを条件に自分と父の復位のため,第4次十字軍の進路を首都コンスタンチノープルに向けさせることに成功。首都陥落 (1203) 後,十字軍の傀儡 (かいらい) 政権のあるじとして父とともに復位した。しかし十字軍に対する約束の不履行,首都住民の反感の板ばさみのうちに,アレクシウス3世の婿アレクシウス・ムルツフルス (のちのアレクシウス5世) の反乱にあい,殺害された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アレクシウス4世の関連キーワードフィリップ・フォン・シュワーベンボードアン1世アンゲルス朝

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android