コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクシオス[1世] Alexios I

世界大百科事典 第2版の解説

アレクシオス[1世]【Alexios I】

1048‐1118
ビザンティン皇帝。在位1081‐1118年。小アジアの大豪族コムネノス家出身の軍人政治家。ニケフォロス3世を武力で倒し,コムネノス朝(1081‐1185)を開く。ノルマン軍の来襲,ペチェネグ族の首都攻略および第1回十字軍の国内通過をいずれも巧妙な政略で乗り切った。ノルマンに対しては関税特権と引換えにベネチアの軍事援助を,ペチェネグ族に対してはクマン族の軍事援助を得て事なきをえた。十字軍の騎士たちからは小アジアの旧ビザンティン領返還の約束を部分的に実現させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアレクシオス[1世]の言及

【十字軍】より

…そして,ビザンティン帝国の対イスラム防衛戦争にノルマン人出身のシチリア遠征隊をはじめ西欧騎士の傭兵隊が導入されるようになると,ローマ教皇庁のビザンティン帝国救援政策が聖地解放のための企てとして具体化された。ピアチェンツァ会議(1095年3月)に列席したビザンティン皇帝アレクシオス1世Alexios Iの使節はイスラムによる被害を誇張し,東方正教会守護の緊急性を訴えた。教皇ウルバヌス2世はこの要請を受けいれて援助を確約したが,教皇の意図は次のようなものであったと推論される。…

※「アレクシオス[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アレクシオス[1世]の関連キーワードゲラシウス2世ダマスス2世アレクシウス1世グレゴリウス8世李元昊李元昊永縁元永パスカリス2世ボゴミル派

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android