コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクセイ2世 アレクセイにせいAleksei II Petrovich Romanov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクセイ2世
アレクセイにせい
Aleksei II Petrovich Romanov

[生]1690.2.28.
[没]1718.7.7. ペテルブルグ
ロシア皇太子。ピョートル1世 (大帝) とその最初の皇后エウドキヤとの間に生れた唯一人の息子。幼少の頃,父に敵対するグループの中で育てられた。 1698年ピョートルの西ヨーロッパ旅行中に起ったストレリツィ (銃兵隊) の反乱ののち,父方の叔母ナターリヤに預けられる。 1709年北方戦争におけるポルタバの戦いののち,反ピョートル派の貴族イワン・ミロスラフスキーらに父の暗殺をそそのかされたが,先手をうった父の命令で教育のためと称して国外に出された。再び父の命令で 11年ブラウンシュワイク家のシャルロッテ・ボルフェンビュッテルと結婚,15年息子ピョートル (のちの2世) が生れた。その1週間後,父の後妻エカテリーナ (のちの1世) にも子供が生れ,後継者たることを示唆するピョートルの名が与えられた。その年から父との関係は急速に冷却,17年従兄カルル6世を頼ってウィーンに逃れたが,18年父の間諜に発見されて連れ戻され,帝位継承権の放棄を強要され,反逆罪のかどで拷問を受けて獄死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

アレクセイ2世

生年月日:1690年2月19日
ロシア皇太子
1718年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

アレクセイ2世の関連キーワードピョートル2世生年月日

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android