コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレッポとシリア内戦

1件 の用語解説(アレッポとシリア内戦の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アレッポとシリア内戦

ユネスコ(国連教育科学文化機関)によると、アレッポは世界最古の都市の一つで、4千年ほど前から交易中継地や軍事拠点として栄えた。1986年に世界遺産に登録。内戦は2011年、アサド政権が民主化要求運動を武力弾圧したことから始まり、すでに22万人以上が死亡した。アレッポも激戦地になった。

(2016-01-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アレッポとシリア内戦の関連情報