コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワコガネギク(泡黄金菊) アワコガネギクChrysanthemum boreale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アワコガネギク(泡黄金菊)
アワコガネギク
Chrysanthemum boreale

キク科多年草。暖・温帯の山野に自生し,岩手県以南の東北地方太平洋側,近畿,四国,九州北部,朝鮮半島,中国北東部に分布する。茎は高さ1~1.5mになり上方で分枝し,細毛がある。葉は互生し,キクの葉によく似て5深裂し裂片には欠刻があり,質はやや薄く帯黄緑色。9~10月,枝頂に多数の小頭状花をつける。花は径約 1.5cmで黄色く,花が終ると点頭する。中心の管状花は多数,舌状花も多く,泡のように密集する小黄花ということからアワコガネギク呼ばれる。別名キクタニギクは京都東山の「菊渓の菊」の意。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報